Vol.359 公庫のコロナ融資が無利子となる特別利子補給制度の受付スタート

配信日:2020年9月2日

 

コロナ禍で銀行や日本政策金融公庫からコロナ対応の融資を
受けた会社は多いと思います。

 

銀行や信金等の民間金融機関からの融資も
日本政策金融公庫などの政府系金融機関からの融資も
新型コロナウイルス対応の融資制度は要件を満たす
会社は実質無利子となります。

 

民間金融機関の方は、既に無利子となっていますが、
日本政策金融公庫や商工中金などの政府系金融機関の方は
特別利子補給制度の詳細が出ていなかったのですが、
先週、24日にようやく詳細が公表されました。

 

特別利子補給制度を利用するためには、要件を満たす
必要があります。

 

融資を受けている会社には、日本政策金融公庫等から
申請のための資料がそろそろ届いていると思います。
弊社にはもう届いていました。

 

手続きのための要件が少しややこしい部分があり、
また、手続きの手引きなどの資料もボリュームがあって
なかなか読むのが大変な方も多いのではないかと思い、
動画で解説してみましたので、ぜひ該当の方はご覧ください。


※お役に立ったら、Goodボタンを押して頂いたり、
コメントをいただけるととても励みになります。

 

文章で読むより図を見ながらの動画の方が分かりやすいと
思いますが、以下に申請の流れをざっくり書いておきます。

 

1.資料が日本政策金融公庫などの公的金融機関から
送られて来ます。

2.それに必要事項を記載して事務局へ返送します。

3.審査を経て、OKであれば、交付決定となり、
3年分の利息相当額の助成金が一括で振り込まれます。

 

ざっくりいえば、以上の3ステップですが、
申請書の作成や要件を満たすかどうかの判断などが
ちょっとややこしいかもしれません。

 

自社の業種の判定を確認し、業種ごとに定められた
従業員数の要件から、自社が小規模企業者になるのか
中小企業者になるのかを確認します。

 

小規模企業者であれば、基準となる月の売上高が
前年同月比、若しくは前々年同月比で15%以上減少していると
利用できます。

 

中小企業者の場合は、20%以上の減少が要件です。

 

利子補給は、3年分の利息相当の金額が振り込まれ、
毎月の利払いは、これまで通りです。

 

繰り上げ返済などがあって、実際に支払った利息額が
利子補給として受け取った金額よりも少ない場合は、
返納して清算します。

 

以上、ご参考としてください。
それでは、宜しくお願いいたします。

 

===========================
本記事は、赤沼慎太郎発行の無料メールマガジン
『起業家・経営者のための「使える情報」マガジン』
から記事を一部抜粋したものです。
メルマガの購読はこちらからお申込み頂けます。