Vol.336 2020年、明けましておめでとうございます!

配信日:2020年1月7日

 

今年の目標、計画は立てましたか?
「一年の計は元旦にあり」と言うように、新年に目標を
立てる方が多いと思います。

 

私も2020年の目標を手帳に書きました!

 

事業計画を作る時などもそうですが、目標の設定方法は、
様々な意見があり、いろいろと悩まされることも多いかと
思います。

 

達成しやすい目標を設定すべきという意見もあれば、
達成が難しいくらいの目標を設定すべきだという意見も
あります。

 

達成しやすい目標を立てるメリットは、多く達成する
ことで勝ち癖をつけて、モチベーションを高められる
という効果がありますね。

 

一方で、達成するのが難しいくらいの目標を立て、
それに向けて努力することで、成長することが出来る
という意見もあります。¥

 

筋トレもある程度のストレスをかけないと筋肉が付かない
のと同じように、程よいストレスをかけていくことで成長
できます。

 

目標設定と一言に言ってもいろいろな意見があります。

 

私個人的には、どんな切り口でも良いから、
とにかく目標設定をすべきだという意見です。

 

ハードルは、高くても低くても、自分に合ったもので
良いので、とにかく目標設定をしなければ始まりません。

 

考えすぎて、結局今年も目標立てなかったな・・・。
となってしまうのが、一番の問題です。

 

そして、目標を立てたなら、その内容を手帳など
紙に書きましょう!

 

よく「目標を紙に書くと叶う!」という事を
見聞きしますよね。

 

これは、実際そうだと思います。
もちろん全てを達成できているわけではありませんが、
目標を立てて書くことで達成できた事が増えました。

 

「目標を立てる」こと、「目標を紙に書く」ことは、
作業自体は単純で簡単なことです。

 

しかし、私もそうでしたが、
なかなか実際に取り組めないのですよね。

 

いろいろな言い訳をつけては後回しにしてしまいます。

 

もし、これまでになかなか手を付けられていなかった
ならば、この機会にぜひやってみてください。

 

今年の年末に振り返ってみたら、その効果が分かります。
きっと書いて良かった!と思えると思いますよ!^^

 

ぜひ、お試しください!^^

 

===========================
本記事は、赤沼慎太郎発行の無料メールマガジン
『起業家・経営者のための「使える情報」マガジン』
から記事を一部抜粋したものです。
メルマガの購読はこちらからお申込み頂けます。