創業資金無料レポート

起業家のための創業資金調達方法

創業者が犯してしまいがちな判断ミスに創業資金を調達する際に間違った借り方をしまうということがあります。

これは、どういうことかというと、本来資金を調達する時に頼るべきところに頼らずに頼ってはいけないところに頼って資金調達してしまうということです。

具体的にいうと、金利の高い消費者金融から社長(事業主)個人の借入れとして数百万円という多額の借金をしてしまうことです。

こういう借り方をしてしまうと、せっかく事業が軌道に乗りかけても、その売上から個人借入れ(消費者金融からの借入れ)の返済に回すしかなく、資金繰りが常に苦しい状態に陥ってしまうのです。

実際、多くの創業者とお会いする機会が多い私が見てきた中でもそういった、金融機関へ融資を申し込んでも自分には貸してくれないとの「思い込み」から結果的に事業が破綻の方向へ向かってしまって困っている方が多くいらっしゃいました。

では、創業者が事業を開始するための資金を調達するにはどのような手段をとれば良いのでしょうか?

創業者が取るべき資金調達の最適な手段を知っておきましょう!
創業資金の調達をお考えの方は、お早めにご請求下さい!!

 

※無料レポートのダウンロードのご案内は、自動返信メールでの対応ですので、万が一しばらく待っても届かない場合は、アドレスの記載に誤りがあるか迷惑フォルダー等に届いている可能性があります。フリーメールをご使用の方は下記の注意書きをよくお読み下さい。

※フリーメールをお使いの方へ
hotmailやyahooメールなどのフリーメールをご使用の場合、幣事務所から送信するダウンロードのご案内メールが迷惑メールフォルダーに届いたりメール自体が届かなかったりなど、正確にメールをお届けできないケースが多数発生しております。
これに関しては、幣事務所から対応する方法がございませんので、極力フリーメールのご使用はお控えいただき、受信が確実にできる有料プロバイダのメールアドレスによるお申し込みをお勧めいたします。

無料レポート【起業家のための創業資金調達方法】申込みフォーム


(※)
(※)


(※)は必須項目です。必ず入力してください。
お申込み後、自動返信メールが届きます。
届いたメールからすぐにレポートをダウンロードすることができます。


レポートの内容

このレポートで得られる情報の一部をご案内すると・・・

資金調達の手段とは?
資金調達とは、事業に必要な資金を調達することですが、その方法は一つだけではありません。資金調達というと銀行からの借り入れが一般的ですが、その他にもさまざまな手段があります。
資金調達の手段を把握した上で最適な方法で調達することが大切です。
創業者が利用しやすい資金調達の方法とは!?
数ある資金調達の方法の中で創業者が利用するべき、利用できる手段は実際問題限られてしまっています。その限られた手段の中で自社にとって最適な手段を選択することが肝要です。
創業資金を金融機関から調達するために。
創業資金を金融機関から調達するためにはどうすれば良いでしょう?
それにはいくつかの押さえておくべきポイントがあるのです!
そのポイントを抑えるコツさえ分かれば計画通りの資金調達も夢ではないのです!


◆追伸

起業を考えている方が起業のための資金を調達するのに最適な手段は何なのか。それを創業者の皆様にお伝えしたくてこのレポートを作成しました。

創業資金の正しい借り方を知らずに、金融機関へ融資を申し込んでも自分には貸してくれないとの「思い込み」から、高利の消費者金融から社長個人の借入れとして借金をしてしまい、せっかく事業が軌道に乗りかけても、その売上から個人借入れの返済に回すしかなく、資金繰りが常に苦しい状態に陥っている方は意外に多いのです。

その様にならないためにも、創業時期から創業資金をどのように調達することが正しいかを知り、確実に創業資金を獲得しスムーズに起業することができるようにするための、ひとつのヒントにしていただければと思います。

 

↓↓↓↓無料レポートのご請求はこちらからできます。 ↓↓↓↓

無料レポート【起業家のための創業資金調達方法】申込みフォーム


(※)
(※)


(※)は必須項目です。必ず入力してください。
お申込み後、自動返信メールが届きます。
届いたメールからすぐにレポートをダウンロードすることができます。